2017年カーネギー公演


日米親善公演

5月30日、アメリカのニューヨーク、カーネギーホールで開催された「日米親善公演」に善久(Zenkyu)とZenkyu Ocarina Group(生徒35名)が出演。3年前にカーネギーで演奏した際に大好評だったことから2度目の凱旋公演となった。今回は善久(Zenkyu)のプロデュース公演で、雅楽・合唱・オカリナの3部構成で総勢87名が渡米した。

善久(Zenkyu)の指揮でZenkyu Ocarina Groupが『家路』『星に願いを』『アルハンブラの思い出』『オー・ハッピー・ディ』『コンドルは飛んでいく』等、8曲を大合奏。澄んだオカリナの音色が会場に響き渡り、1200名の聴衆から割れんばかりの拍手をもらった。

最後の善久(Zenkyu)のソロ演奏は本橋マユミさんのピアノで『エストレリータ』『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』『ウェストサイド物語』の3曲、『リベルタンゴ』等(11曲)を披露。『ボレロ』の演奏では次々と楽器を持ち替える姿に観客は興味津々。
善久(Zenkyu)は、前日にマンハッタンでもコンサートを開催し、6月3日にカナダのトロント郊外のブランプトンの教会でも公演をした。
今後も海外で日本文化の普及と共に、癒しのオカリナの音色を聴いてもらえるように精進したいと善久(Zenkyu)は語る。 

Zenkyu Ocarina Group